社会保険・労務相談 総務部担当者支援!

総務部110番 minminzemi.com

HOME

総務のお仕事手引き

ネットオフィス110

妹尾経営管理事務所業務案内

お問い合わせ

届出業務できごと分類

総務部御用達資料集

社会保険・労働保険料率/保険関連情報

各種税率表/税金関係情報

いろいろな機関

庶務関係

総務部110番便利ツール

労働保険確定申告専用電卓

会社の健康診断

高額療養費用計算ソフト

給湯室

リンク集


総務のお仕事手引き・届出業務できごと分類

賞与届

2014.10.18 データ有効確認

申請書名

「被保険者賞与等支払届」と 「被保険者賞与等支払届総括表」

どこへ提出

管轄年金事務所

だれが

事業主

意義

健康保険、厚生年金保険では、労務の対償として受ける報酬 のうち標準報酬に含まれない賞与等についても保険料を納め ることになっています。


この賞与等にかかる保険料は、総報酬制により毎月の保険料 率と同じになりました。
社会保険事務所より郵送の用紙にて、報告します。

届出

賞与を支払った日から5日以内に年金事務所等へ、 被保険者個人ごとに賞与の額等を記入した「被保険者賞与支払届」「被保険者賞与支払届総括表」を添付して提出します。磁気媒体よる届出もできます。

保険料率と負担割合

  標準賞与額(1000円未満は、切り捨て)×料率
健康保険(東京) 事業主  49.85/1000 被保険者  49.85/1000
  標準賞与額の上限 5.400.000円 (年間累計)  
 
介護保険 事業主  8.60/1000 被保険者  8.60/1000
標準賞与額の上限 5.400.000円 (年間累計) 
 
厚生年金(H23.8まで) 事業主  87.37/1000 被保険者  87.37/1000
  標準賞与額の上限 1,500,000円   
 
児童手当拠出金 事業主 1.5/1000  

(厚生年金保険は、70歳以上の方の保険料はありません。)

※ 健康保険組合については、組合にお問い合わせ下さい。

 ※ 上記健康保険料率は東京都などの事例です。自治体によって異なります。

      詳細は全国健康保険協会HPで確認下さい。

その他留意点

対象となる期間

資格を取得した日から喪失した日の 前日までに支給された賞与等について対象となります。


※ 11月30日に退職・賞与12月10日に支給は、保険料はなし。

育児休業期間中の保険料免除
健康保険 事業主  免除 被保険者  免除
厚生年金 事業主  免除 被保険者  免除

70歳以上の被用者に関する各種届書

平成19年4月1日以降に70歳になった方は
「厚生年金保険70歳以上被用者 賞与支払届」(届出コード270) が必要です。 





  Copyright© 総務部110番事務局 All rights reserved.