登記、資産運用その他 各種用語解説

総務部110番 minminzemi.com

HOME

総務のお仕事手引き

ネットオフィス110

妹尾経営管理事務所業務案内

お問い合わせ

有限会社登記

株式会社登記

合資会社登記

外国法人登記

不動産登記

申請書類作成お手伝い

PC法令様式

証明書類取得代行

総務業務資料提供

総務業務資料提供

お見積り依頼

特別商取引の法律に関する表記

プライバシーポリシー


ネットオフィス110




隠れた、そして最強の資産運用です!


 

 通常の返済とは別に元本の一部を返済することをいいます。 そのメリットは一言でいえば、その返済した元本にかかるはずだった利息の支払いがなくなるということです。 具体例を見てみましょう。 



《 繰り上げ返済の具体例 》

前提条件: 借入金3000万円、年利5%、30年返済の場合に6年目に200万繰上げ返済

繰上げ金額
月々の返済額
元利合計残高
残り返済月数
2,017,390
161,046
48,313,946
300


元利合計残高
減額金額
残り返済月数

期間短縮月数

41,711,040
6,602,906
259
41




 このように200万円の元本を一度に返済することによって総返済額が約660万円減り、返済期間が3年5ヶ月短縮されました。  言い換えると、200万円返済したことで、その200万円にかかるはずだった460万円の利息の支払いがなくなったということです。

 この低金利時代にこれほどのリターンの高い、そして確実な資産運用はない、と考えることもできるでしょう。 高い効果をあげるためにはより多くの利息を払っている時期(早ければ早いほうがよい)に繰り上げ返済の検討をしましょう。 

注意したいのは、その都度手数料がかかり(固定金利型は変動金利型より手数料が高くなります)、返済金額の最低額が決まっている等の制限があることです。 そしてあくまでも余裕資金によることが原則なので生活設計を歪めてまでも繰り上げ返済するのは得策ではありまえせん。


 住宅ローンの見直しの主なものとして以下の2パターン(繰上げ返済・借り換え)があります。 どちらが得をする、というものではなく、借入れ条件・金利差・家計の財政状況等により判断することになります。 それぞれシュミレーションしてみてどのくらい減額になるか確認してみましょう。





 借り換えシミュレーションはこちら


 現在借りている住宅ローンの残高を、他の金融機関から新しい条件(今より低い金利)で借りて一括返済することです。 あらたに低い金利で借りるので金利負担が少なくなりますが、借り換え時に諸費用がかかることに注意しましょう。

 以下の表は借り換えることによって減少する金額です。 (ローン残高2000万円、当初利息5.0%)


残り期間
借り換え後の金利
4.5%
4.0%
3.5%
3.0%
10年
58
116
172
228
20年
131
259
384
506


 (単位:万円)

 以上のように借り換えを考える場合、減額する返済額は残り期間・金利差により大きく変わってきます。 表の金額から諸費用を差し引いた金額が実質的な減額金額となります。 繰り上げ返済とちがい、まとまった資金がない場合でも総返済額を減らすことが可能です。(登記料・保証料等の諸費用は必要になります)




Copyright2002(C)司法書士事務所アルファ・パートナーズallrightreserved since 2002/08



  Copyright© 総務部110番事務局 All rights reserved.