登記、資産運用その他 各種用語解説

総務部110番 minminzemi.com

HOME

総務のお仕事手引き

ネットオフィス110

妹尾経営管理事務所業務案内

お問い合わせ

有限会社登記

株式会社登記

合資会社登記

外国法人登記

不動産登記

申請書類作成お手伝い

PC法令様式

証明書類取得代行

総務業務資料提供

総務業務資料提供

お見積り依頼

特別商取引の法律に関する表記

プライバシーポリシー


ネットオフィス110

  生命保険に加入する際、マイホームを購入する時と同じように真剣に悩み、検討していますか? 統計によると一世帯あたりの年間払込保険料の平均は63.8万円。仮に30歳から60歳まで加入したとすると合計1914万円にもなります。 
  しかし、その保険に加入する時の理由は 「勧められたから」 「何も入っていないとなんとなく不安」 「払えそうな保険料だった」 など・・・。 そのうえ自分にはあまり必要のない保険に加入し、本当に必要な部分の保険は不足していたりします。

 すでに保険に加入している方もこれから加入している方も賢い契約者になりましょう。自分に本当に必要な保障額を最低のコストで手に入れるべきです。 以下、多くの方が加入している保険についてのポイントを解説します。

 保険通販をお考えの方はこちら

死亡保障

  オリックスの死亡保障などがわかりやすい例かと思われます。生命保険に入る際のポイントはなんといっても必要保障額を把握することです。仮に 「あなたは○○円の死亡保障が必要です。」 と説明されて保険に入った場合、その金額の根拠はどこにあるのでしょうか。 たとえば、残された妻の遺族年金・老齢年金、妻がパートに出た場合の給料、家族の人数に見合った家に引っ越した後の家賃・・・、など残された遺族のお金の出入りを考えて必要補償額を考えるべきです。 そうでなければ過大な保険に入ってします可能性があります。

  また、必要保障額は年々変化(一般的には減少)していくので、それにあわせて補償額の見直しも検討しましょう。

具体的な必要保障額の算定についてはこちら

入院保障

  病気・けがで入院したときに保険金が支払われます。入院1日あたりに支払われる金額の目安は会社員か自営業かで異なります。 会社員ならば1日5000円、 自営業ならば1日10000円が基礎的な必要保障額でしょう。 これは健康保険(会社員⇒傷病手当金あり)か、国民健康保険(自営業)のちがいによります。 そのほか、入院した場合に何日目から保険金が支給されるか、最高何日分まで保障されるか、終身タイプか更新タイプか、など自分にあった商品を見つけましょう。

個人年金保険

  老後の生活資金のうち公的年金でカバーできない部分を補う私的年金です。まずは老後に毎月いくらあれば生活できるかを考え、つぎに公的年金が夫婦でいったいいくら支給されるかを見積もり、その不足額を個人年金でカバーします。 また、公的年金支給時期の引き上げによる定年退職時から年金支給開始時までの空白を埋める役目にも適しています。 

  しかし、最近では利率の低下、それにともなって保険料が高くなっていますので以前よりは魅力が落ちているかもしれません。 老後資金として他の選択肢(投資信託・変額年金・株式等)も検討してみてもいいでしょう。

変額年金保険

 保険会社が用意した特別勘定(投資信託)の中から自分で選択した運用方法によって受け取る金額が変化する年金です。 特に最近注目されているのは、一般の個人年金の利率が年1.6%前後と低く、数十年にもおよぶ年金資金の運用をこんな低金利で固定させてしまってよいのか、という疑問が存在するからです。 当然、通常は保険会社が負う運用リスクを私たちが負うわけですから年金を受け取る段階で元本割れしている可能性もあります。(最低保障額が定められている商品もあります)

 投資信託と比べた場合のメリットは税金の面です。 投資信託は毎年の配当の20%が税金として徴収されますが、保険である変額年金は運用期間中は課税されません。 本来、課税される20%分も運用にまわせる、これが最大の特徴です。 この効果は期間が長くなればなるほど大きくなります。 たとえば、300万円を5%で30年運用するとします。 変額年金で運用した場合30年後には1296万5千円、投資信託で運用した場合は972万9千円、と300万円以上の差となってしまします。

 確定拠出型年金の導入などを考えると個人が投資の感覚を身につけることはますます重要になってきます。 変額年金を資産運用のひとつに組み込んでみてもいいかもしれません 。

アカウント型保険

 貯蓄と保険を分離したあたらしいタイプの保険で、明治生命「L.A.]、住友生命「ライブワン」などがこの保険にあたります。 しくみは、支払った保険料がいったんアカウントというところに入り、そこから定期保険を買い、残った額をアカウントに貯めておくというものです。保険料と貯蓄と2つの料金を払うというのが最大の特徴です。

そのメリットは

 @保障の見直しが毎年できる

 A保険料を変えずにアカウントの貯金を使って保障額の変更ができる

 B配当金、ポイントに応じたボーナスが郵便局のATMで引き出せる

 C同額の定期付き終身保険よりも保険料が安い

などです。 契約後のライフステージの変化や家計状況に応じて保障内容・保険料の見直しができるという優れた柔軟性はいままでの保険にはなかったものです。 これからの生命保険の主流になるものと思われます。

 生命保険全般に関するご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

  Copyright2002(C)アルファ司法書士事務所allrightreserved
  since 2002/08



  Copyright© 総務部110番事務局 All rights reserved.